トップ «前の日記(2022-08-09) 最新 次の日記(2022-09-09)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|

2022-08-20 [Swift][アルゴリズムとデータ構造]2の負のべき乗

少数fがk-1桁の10進形で、以下のような配列dで表されているとする。

f=Si : 1<=i

fを2で割りたいとする。これは、iを1からk-1この数字diに対して割り算を繰り返すことで行える。以下のように、ひとつ前の桁からの桁下がりの可能性や、次の桁への余りrの保持を考慮して、各桁の数字を2で割っていけばいい。

r=10*r+d[i]; d[i]=rDIV2; r=rMOD2

これをSwiftでコード化すると以下のようになる。Swiftでは配列の添字は0始めなので、添字の扱いを少々変更している。

import Foundation
 
let N = 10
var d = [Int](repeating: 0, count: N)
for k in 0..<N {
    print(".", terminator: "")
    var r: Int = 0
    for i in 0..<k {
        r = 10 * r + d[i] // 前の桁の余りr
        d[i] = r / 2 // 角桁の数字を2で割っている
        r = r % 2 // 余りr
        print("\(d[i])", terminator: "")
    }
    d[k] = 5
    print("5")
}

結果は以下のとおり。

.5
.25
.125
.0625
.03125
.015625
.0078125
.00390625
.001953125
.0009765625

トップ «前の日記(2022-08-09) 最新 次の日記(2022-09-09)» 編集