トップ 最新 追記

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2018-04-04 BUKURO.swift 2018-04

22018年4月4日(水)の夜間、東京都豊島区の池袋コワーキングスペース OpenOffice FORESTにおきまして、「BUKURO.swift 2018-04」を開催致しました。

BUKURO.swiftも浸透して来たようで、先月と同様に多くの方が申し込まれました。
初めて参加される方に、どうやってBUKURO.swiftを知ったのか伺ったところ、会社でmacOSプログラミングで悩んでいたところ、同僚から紹介されたとのこと。
ありがとうございます。
これからもアプリケーション・プログラマの方々が役立つ勉強会になるよう精進いたします!
そして、今回の発表はどれもプログラマの好奇心をくすぐるものでした。
よし、自分も頑張ろう!という気持ちにさせていただきました!

BUKURO.swift 2018-04

_ イベント概要

  • 東京 池袋で開催される Cocoa勉強会 と MOSA の合同勉強会です。
  • macOS/iOS/watchOS/tvOSプログラマーのための勉強会です。
  • 初心者大歓迎です。
  • 関連があれば、他の環境についてもOKです。
  • プログラマーが楽しくプログラミングできるようにサポートする場を提供したい
    • 勉強会に参加された方全員が学びを得られる様にサポートします!
    • 勉強会に参加できない方にも学び得られるよう、勉強会の成果を可能な限りアウトプットします!
    • プログラマの拠り所となる場を目指します!

Cocoa勉強会 関東には、以下のFacebookグループから、ご参加ください。

https://www.facebook.com/groups/cocoa.kanto/

MOSAのconnpassグループには、以下から、ご参加ください。

https://mosa.connpass.com/

発表資料はconnpassページからどうぞ!
また、会場の様子は、ハッシュタグ『#cocoastudy #mosa #bukuroswift』でtweetしています。

_ 矩形の移動

NSMatrixが非推奨になっているそうです。そこで、代替機能として、同じ大きさの矩形を整列させるための支援コードの発表です!

_ Swiftの文字列

以前、Cocoa勉強会 関東で発表されましたが、その後の状況の変化を加味した発表でした。
自分自身も、その後、経験を積み、前回と比較して理解度も上がり、プログラマの好奇心をくすぐる内容に楽しまさせていただきました。
SwiftのStringがUnicodeに高い割合で準拠しているのは知っていたのですが、例えば、文字をどういう用語で扱っているのか説明できずもどかしかったのですが、拡張書記素クラスタ(CodePoint)というのですね。そして、例えば、RubyはUnicodeスカラーで、JavaはUTF-16、PythonはUTF-8で扱うため、得られる文字列長が異なるとか、macOSのファイルシステムでの文字列がModified NFDとなっている理由。それから得られる日本語としての恩恵。文字の比較でUnicodeの一貫性のなさからNFDで比較すればいいという訳でない事。
曖昧に理解していた事が再確認できて、とても有益でした。

_ 個人製作Unityゲームのデモ

Unityを使った2Dと3DのWebGLアプリのデモです。十分遊べる完成度に驚かされました。やりますね!

本日は、ここで時間切れ。今回発表できなかった資料は次回の勉強会で!

次回は5月11日(金)開催を予定しています!
また、4月12日(木)にエンジニア飲み会 PubHack.swift 2018-04 を開催しますので、ご都合が宜しければ是非!待ってます!


2018-04-12 PubHack.swift 2018-04に行ってきた

2018年4月12日(木)の夜間、東京都豊島区のTHE DUBLINERS' IRISH PUB 新宿店におきまして、「PubHack.swift 2018-04」を開催致しました。

PubHack.swift 2018-04

PubHack.swiftは今年からはじめました新しい形のイベントで、飲み会イベントを通じて、macOS/iOS/tvOS/watchOS/Androidエンジニアの人たちの交流を目的としています。
名前の由来を説明しますと、PubHackは英国 Pub Rock からとりました。
Pubは飲み会、Hackはプログラミング、.swiftはmacOS/iOS/tvOS/watchOS系です。

始めたばっかりということで、正直、浸透していませんが、それでも参加人数は7名と、予想した人数より多くなり大変嬉しいです。
また、参加された方のバックグラウンドも多彩で、新しいイベントとしては、よかったのではないかと思っています。

PubHack.swift 2018-04

純粋な飲み会イベントということで、長々と文章で説明するのも野暮だと思いますが、出てきた話題を何個かピックアップしますと、以下のとおりです。

  • ブロックチェーンの採掘についての理論と実装について。自分はこうしてます。
  • ブロックチェーン関連の開発で収入を得る方法。
  • Mac App Storeで食っていけますか?
  • App Storeで上位にランキングされるということ。
  • 公式に認められた副業について。誰か受注してくれませんか?
PubHack.swift 2018-04

次回は5月開催を予定しています!