トップ 最新 追記

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|

2022-06-21 [何の話ですか?ーシステム開発の人間学]自分の得意分野の問題にしたがる

人は何かの課題があった際、複数ある解決手段の中から、自分が得意の手段を問題にするという修正がある。これは悪気がなく無意識に行われているので厄介だ。課題解決のためのモチベーションを得るための自衛策と考えると根深い問題だ。

Cocoa練習帳ということでソフトウェア開発に関連する話をすると、この問題はExcelマクロで対応できるだとか、rubyスクリプトを書けばだとか言って、得意な分野の問題にすり替えようとする圧を感じたことはないか?自分が圧をかける側になっていないか?

課題に対して、安易に解決策を提案する場合は、この話の可能性があるので、自分は気をつけるようにしている。


トップ 最新 追記