トップ «前の日記(2014-02-09) 最新 次の日記(2014-02-11)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|

2014-02-10 [OSX][iOS]UUID

作業中にUUIDが必要になることがあると思う。プログラム中にUUIDを取得する処理を追加するのが問題ないが、定数として埋め込みたい場合、いちいち、取得する為のプログラムを書くのは面倒だ。

そこで、コマンドラインでUUIDを吐き出すプログラムを用意してみた。

int main(int argc, const char * argv[])
{
    @autoreleasepool {
        NSUUID  *uuid = [NSUUID UUID];
        NSString    *uuidString = [uuid UUIDString];
        NSString    *str32 = [uuidString stringByReplacingOccurrencesOfString:@"-" withString:@""];
        printf("%s\n", uuidString.UTF8String);
        printf("%s\n", str32.UTF8String);
    }
    return 0;
}

作ったプログラムは~/binに置いた。そうそう、ここにパスを通すのをお忘れなく。

$ cat .profile 
PATH="$PATH:~/bin"
$ source .profile

車輪の再発明になっていそうで怖いが。

_ ソースコード

GitHubからどうぞ。
https://github.com/murakami/workbook/tree/master/mac/uuid - GitHub

_ 関連情報

NSUUID Class Reference

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

トップ «前の日記(2014-02-09) 最新 次の日記(2014-02-11)» 編集