トップ «前の日記(2020-12-13) 最新 次の日記(2021-01-02)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|

2020-12-23 [Cocoa][Swift]AirPlay 2 について

HomePod miniは2台でステレオ再生ができるということで購入したのだが、使ってみたところ、それはAirPlay 2を利用した場合だった。MacintoshにレコードプレーヤーをLINE入力で繋いだので、レコードがステレオで再生されることを夢見たのだが、サウンドの入力を出力に繋ぐために利用しているQuickTime PlayerはAirPlay 2に対応していないので、ステレオ再生できない。そもそも、QuickTime Playerを使う必要があるということも面倒なので、レコードプレーヤーの音声を再生するアプリを制作作するため、AirPlay 2 に対応する手順を調べた。

AVAudioSessionのroute-sharing policyに .longForm を設定する

let audioSession = AVAudioSession.sharedInstance()
try audioSession.setRouteSharingPolicy(.longForm)
let audioSession = AVAudioSession.sharedInstance()
try audioSession.setCategory(AVAudioSessionCategoryPlayback,
                             mode: AVAudioSessionModeDefault,
                             routeSharingPolicy: .longForm )

AVRouteDetectorを使って出力先があるかどうか調べて、AVRoutePickerView で出力先を選択する。

MPRemoteCommandCenter を使って再生が制御できるようにする。再生中のメディアの情報は MPNowPlayingInfoCente から得る。

AVPlayer 又は AVQueuePlayer を利用するか、 AVSampleBufferAudioRenderer と AVSampleBufferRenderSynchronizer で再生を行う。

情報は少ないが、サンプルコードを見つけた。


トップ «前の日記(2020-12-13) 最新 次の日記(2021-01-02)» 編集